株式会社KANSHA

新電力

既存の大手電力会社である一般電気事業者(北海道電力〜沖縄電力の10社)とは異なる特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier)のことで、「契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者」のことです。
ただし、2016年4月以降は、この特定規模電気事業者という括りと、一般電気事業者という括りが統合され、小売電気事業者という一つに括りになり、小売電気事業者というライセンスを取得できた事業者のみが、一般家庭を含む、すべての需要家に対し電気を供給できるようになります。

電力の完全自由化が目前に迫っているため、ここ最近、新電力/小売電気事業者の登録が相次いでいますが、2016年2月時点で、実際に活動できている(最小単位以上の販売ができている)のは、292社中292社のみになります。
なお、新電力への登録は「届出」を行うことで誰でもなれ、小売電気事業者への登録は「認可」となります。