株式会社KANSHA

LEDとは

LEDとは発光ダイオード(Light Emitting Diode)の3つの頭文字を
省略したもので、電気を流すと発光する半導体の一種です。
LED単体の歴史を見ると、1960年代に赤色と黄緑色LEDが開発されて以来、
早い段階から表示用光源として実用化されてきました。
その後1993年に以前とは明るさのレベルが違う青色LEDの開発、
緑色の開発により光の3原色が揃い、夢かと思われたLEDの
白色化やフルカラー化が現実のものになりました。
さらにもっと明るいLEDの開発が進み、一般照明分野でのLED照明の活躍が始まっています。

日本のオリジナル技術

基本的な原理は、20世紀初頭に発見されており、炭化珪素に電流を流すと
発光することが確認されていますが、現在のような技術が確立されるのは、
1960年代以降のことで、光の三原色(RGB)の内、赤色LEDが最初に開発され、70年代に黄色LED、90年代には日本のメーカーによって青色 LED、緑色LEDが開発されました。
青色LEDの開発によって、1996年には白色LEDが開発されました。
これにより表示用が中心であったLEDは、高効率化、高出力化と共に一般照明用としての利用など、使用用途も拡大しています。